MENU
トップページ > 施設案内 > 日帰り入浴・温泉

日帰り入浴・温泉

健考館の日帰り入浴は10:00~20:00までの間、予約なしでいつでもご利用いただけます。
どうぞお気軽にお越しください。

大好評の日帰りランチもございますので是非併せてご利用ください。

入浴料金

一般 800円 会員 640円

 

 

 

アルカリ性単純泉と炭酸温泉の2種類の泉質が楽しめます

健考館のお湯は1,000m以上の地下から汲み上げられており、 亜炭層を通過することによって、かすかな琥珀色をしています。

ぬるぬるとした質感のアルカリ性単純温泉で、肌をすべすべにし、乾燥肌や皮膚炎に効果が大きいだけでなく、 マイナスイオンの含有量も多いことから、神経症などにも効果的で「健康づくり」に優れた「療養温泉」です。

効能として運動麻痺・皮膚炎・神経痛慢性消化器病等に効果があります。

また、健考館では、従来のぬるぬるとした質感のアルカリ性単純温泉に加え、低温浴・寝湯・歩行浴では、高濃度の炭酸を溶け込ませた療養炭酸温泉を導入しております。

高密度の療養炭酸温泉の効果

炭酸療養温泉に入浴すると、毛穴から炭酸を吸収し血管が弛緩され血液循環・新陳代謝が良くなる事で、心臓への負担が軽減されることから「心臓の湯」などとも言われております。

従来のお湯の「とろみ」はなくなりますが、炭酸浴の効能として、

  • 血流増加による効能
    循環器系疾患として、心臓病・動脈硬化・病後回復期・健康予防
  • 血行障害による効能
    高血圧・糖尿病・肩こり・冷え性・神経痛・関節痛・リウマチ等の疼痛緩和など、血行障害による病気に効果が期待されています。
  • 皮膚への効能
    毛穴から高密度炭酸泉を吸収する事により、末梢血管・毛細血管を拡張し、創傷・筋肉痛・疲労回復にも効果が期待されています。

などがあると言われております。

炭酸温泉

皮膚表面には目に見えない、ミクロ化された炭酸の気泡が皮膚から吸収されると、毛細血管が開いて多くの血液が流れます。抹消血管抵抗が減少するので、血圧が下がる効果にも期待されています。

血液の循環改善により疼痛物質や老廃物を効率よく排除し、自律神経へ作用する事により脈拍数が減少し、心臓にかかる負担を軽減します。弱酸性(pH5.8 温度39度)の療養炭酸温泉なのでリラックス効果があり血液の循環器系が活性化され、アストリンゼン効果『化粧水の湯』としても美容・美肌効果に期待されています。

 

健康づくりに優れた4種類の湯船をお楽しみいただけます

一般浴
一般浴
41~42℃前後で管理しています。
脈拍数が入浴前の50%増になった時は一旦浴槽より出て、休むようにして下さい。
低温浴
低温浴
38~40℃前後で管理しています。
のんびり入浴したい方のための浴槽です。特にリウマチ、腰痛症などの運動器系の疾患に良い効果が現れると言われています。※炭酸温泉
寝湯
寝湯
38~40℃前後のお湯です。
体をゆっくり伸ばし、低めのお湯に長時間入れるようにしてあります。長く温泉に浸かっていたい方、心臓病、浮腫のある方、疲れて眠りたい方などに適しています。※炭酸温泉
歩行湯
歩行浴
38~40℃前後のお湯です。
5mを繰り返し歩き、お湯の抵抗による軽運動の場を作っています。床面には玉石を敷き込み、足裏からの指圧の効果があります。腰痛、関節痛、肩こり症、五十肩、肥満症の方などに適しています。※炭酸温泉

 

 

 

温泉成分

源泉名:ひまわり温泉(来窪温泉1号井)
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:46.2℃(気温23.7℃)
pH値:8.8
ラドン(Rh)含有量:5.88×10=10キュリーラドン/kg(1.62マッへ/kg)
温泉1kg中の成分及び分量

陽イオン ミリグラム
水素イオン H+ 0.0
ナトリウムイオン Na+ 122.4
カリウムイオン K+ 4.7
マグネシウムイオン Mg2+ 0.2
カルシウムイオン Ca2+ 1.7
総鉄イオン Fe2+ + Fe3+ 0.7
マンガン(II)イオン MN3+ 0.0
アルミニウムイオン AI3+ 0.8
陽イオン計 130.5
陰イオン ミリグラム
フッ素イオン F- 26.9
塩素イオン CI- 10.4
硫化水素イオン HS- 1.1
硫酸イオン SO42- 25.8
炭酸水素イオン HCO3- 197.1
炭酸イオン CO32- 8.3
臭素イオン Br- 0.0
ヨウ素イオン I- 0.0
陰イオン計 269.6

遊離成分

非解離成分 ミリグラム
メタケイ酸 H3SiO3 60.5
メタホウ酸 HBO2 9.0
溶存ガス成分 ミリグラム
遊離二酸化炭素 CO2 2.8
遊離硫化水素 H2S 0.0
溶存物質(ガス性のものを除く) 0.4696g/kg
成分総計 0.4724g/kg

※温泉成分分析年月日(分析書発行年月日):平成6年10月18日/分析機関:岩手県衛生研究所